大会概要

LAWASIA(ローエイシア)とは About LAWASIA

LAWASIA “The Law Association for Asia and the Pacific” は、1966年に設立された、アジア・太平洋地域(ESCAP)の弁護士・裁判官・検事・法学者・法律専門職等が参加している団体です。
アジア・太平洋地域における法の支配、司法・弁護士の独立等の課題について積極的に発言しているほか、弁護士会間の相互連携支援等に取り組み、また近年はビジネス法に関する活動にも力をいれています。
現在、約30の国・地域の弁護士会が団体会員となっているほか、約50の国・地域から弁護士会、法律協会(ローソサエティー)及び個人会員が活動に参加しています。団体会員として加盟する弁護士会等の会員数を合わせると100万人を超えます。日本からは、日本法律家協会(1971年加盟)、日本弁護士連合会(2002年加盟)、第二東京弁護士会(2015年加盟)、東京弁護士会(2016年加盟)が団体会員として加盟しています。

LAWASIA東京大会2017 30th LAWASIA Conference - Tokyo 2017

<開催日時>
2017年(平成29年)9月18日(月・祝)~9月21日(木)

<場所>
ホテルニューオータニ東京 (Hotel New Otani Tokyo)
〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町4-1

<大会テーマ>
法の支配による大いなる飛躍~ローエイシアの軌跡とこれからの役割
Big Leap through the Rule of Law - LAWASIA Legacy and Future Role

<概要>
本大会は、ローエイシアが主催国の協力のもとに持ち回りで開催している国際会議であり、アジア・太平洋地域各国の法人会員、個人会員その他の法律家が一堂に集う、ローエイシア最大のイベントです。各国の司法制度、法曹養成制度、紛争解決制度、ビジネス法、国際人権問題等、各国に共通する課題等について、30を超えるセッションを通じて意見交換し、相互交流を深め、アジア・太平洋地域における法の支配を確立し、この地域の発展及び平和に貢献することを目的とします。
ローエイシアの年次大会が日本で開催されるのは、1975年の第4回大会、2003年の第18回大会に続き、3回目であり、本大会は第30回大会となります。
また、ローエイシア年次大会に合わせて隔年で開催されているアジア・太平洋最高裁判所長官会議が本大会と同時期に東京で開催されます。

<実施>
主催:
LAWASIA
(The Law Association for Asia and the Pacific)

共催:
日本弁護士連合会
協力:
一般財団法人日本法律家協会、
日本ローエイシア友好協会
後援:
最高裁判所、法務省、外務省、
一般社団法人日本経済団体連合会、
公益社団法人経済同友会、
日本商工会議所、
独立行政法人国際協力機構、
独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)、
一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)、
法科大学院協会、日本司法支援センター、
日本司法書士会連合会、
公益財団法人日弁連法務研究財団
支援:
一般社団法人むつみ会、
独立行政法人国際観光振興機構、
公益財団法人東京観光財団
実施主体/ 企画・運営/ 実行:
LAWASIA 東京大会2017組織委員会【PDF】
賛同:
LAWASIA東京大会2017賛同者名簿【PDF】